CADの今後の展望について。未来は明るい根拠を見つけた話。

CADの将来性は?
ねここ

CADオペワーママのねここです。

わたしは、CADオペレーターのパートをしています。

設計自体も好きだし、CADオペレーターの仕事がわたしはとても気に入っています♩

そんな、仕事のメインになる【CAD】についての気になる記事を先日見つけたのでシェアしますね。

モノづくりに欠かせない設計および加工プログラムを生み出すCAD/CAM。不況や感染症の影響による設備投資意欲の減少も相まって一時的に市場規模は縮小したが、感染症の収束とともに再び成長軌道に乗ると見られている。

出典:日本物流新聞

かんたんに言うと、【CADの需要は世界的に伸びるだろう】という内容ですね。

下に、引用元の記事をリンクします。

※生産財と消費財の業界専門紙として創刊来、半世紀を超す実績を持つ日本物流新聞のWEBサイトより引用

感染症の流行で、一時停滞&鈍化していたCAD/CAM/CAE市場の成長が、タイムラグはあるとは言え、確実なCAD・CAMの需要増のサイクルに突入する、ということです!

CAD(Computer Aided Design)CADは、直訳すると「コンピュータ支援設計」

のこと。

CAM(Computer Aided Manufacturing)CAMは、直訳で「コンピュータ支援製造」

のこと。

しっかりしたリソースの情報なので、表現はかたく難しく感じるかもしれませんが、『CADは世界的にもこれから伸びる分野ですよー』と、明るい見通しがたっているということです。

つまり、CADはできると将来的に有利ということですね。うれしいです。

わたしは、CADを使用しているので、CADについての記事を書いています。

わたしは40代ですが、あと何年先もこのCADでお仕事をしていきたいと思っています。CADの仕事が楽しいから。

しかも将来性も見込めるから、ますますやる気が湧いています。

AIにとって代わられる仕事ではないか?と思われるかもしれませんが、わたしは違うと思っています。

CADが気になっている方に朗報だったので、シェアしました!

ねここ

CADオペは楽しいですよ!

よかったらシェアしてね!
ねここ
CADオペしてるワーママ。副業も始めました。
小学生2人の母です。CADオペしてます。これまでいろんな事に失敗し学ぶ中で、仕事+暮らし+お金を自分に最適化したいと本気で思うようになりました。迷いながらも、後悔のない人生を目指すブログです。また近年興味を持った分野で副業を始めました。ちょっとずつ話に触れていくので、皆さんのヒントになれば嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる