【仕事探しアラフォー必見】一生できるデスクワークには、CADがピッタリ。

こんにちは

ねここ

こんにちは。CADオペワーママのねここです。

私はかつては、インテリア業界で仕事をしていたのでCADをたまに使っていましたが、
数年CADを離れ、すっかり忘れてしまったので、CADを学び直してCADオペレーターになりました。

そのCADオペレーターについて
ご紹介してきます。

目次

1.アラフィフでもCADを操作できると、仕事を探すハードルが下がる!

アラフィフの私
デスクワークにこだわっていました。

一般事務職の募集には、落ち続けましたが、

CADオペレーターの募集には、一発目の応募で採用されました。
これ、実話です。

専門職になるので、
仕事が見つけやすいと思います。

わたしと同じく、
ずっと出来るデスクワークを
探している方は
かなり多いはず。

CADができると、
その希望がかなり叶いやすくなります。

2.CADオペレーターは、就職にとっても有利!

アラフィフでも、
ブランクがあっても、
すぐに仕事に就けました。

さらに、
CADオペレーターは、
時給が一般事務より高めです。

3.いくつになってもCADオペは需要がある。

そして、
年を重ねても、需要があります。

もちろん、必要とされるレベルになる
努力は怠ってはいけませんが。

デスクワークを希望する40代・50代は、
一般事務だとなかなか仕事が決まらない現実があります。

でも、CADが出来ると、
デスクワークでありながら、
40代・50代でも採用率がグっと上がります。

また、需要が多い理由に
CADが使われている業界が多いこともあります。

◎建築・造園・電気・設備・機械業界は必須
◎最近では、アニメやアパレルや福祉など、多業界で導入

裾野が広いけれど、使える人が少ないので、
実務未経験でも、習ったことがあれば、
採用される確率がぐんと高まります。

もし、デスクワーク系の仕事を希望していて、
なかなか採用されない・・・という
経験がある人には、
CADを学ぶことを検討してみませんか?

中でも、AUTO CAD(オートキャド)は、
最も汎用性の高いCADでいろんな会社で
導入されているのでお勧めです。

4.働き方の自由がある。(フルタイム・パート・在宅など)

CADの仕事未経験者がいきなり在宅は
難しいです。

でも、経験を重ねれば、
在宅も可能になる場合もあります。

私もパートですが、最近、在宅ワークになりました。

私の知り合いは、
自宅でご高齢の親御さんのお世話をしながら
在宅でCADオペレーターをしています。

5.CADってむずかしいのでは?という疑問について。

私の経験上の話に限って言うと、
建築関係のCADは、
インテリアに興味ある人だと、
抵抗なく学び始めることが
出来ると思います。

たしかに難しそうに思われるかもですが、
言ってしまえば、CADは

『お絵かきツール』

です。
きちんと学べば、むずかしくありません。

学校も、
良心的なスクールで学べば、
10万円くらいから学べます。

しかも、
時間がなくて通学受講が難しい人には、
オンライン受講もとても増えています!

なんでも新しく何かを学ぶ時は、
最初は不安になると思います。

でも、正しい方向で努力すれば、
絶対に自分の糧になります!

CADって、難しいのかな?
→ちゃんと学べば、そんなことはない!

どんな勉強をするの?
→作図なので、お絵かき感覚の学習から。

覚える事が多そう
→確かに多いですが、学んでいくにつれてマニアック感にもハマれる(笑)

6.私にとってのCADオペのメリット

私にとっての
CADオペのメリットは以下の通りです。

◆CADという切り口で、インテリアに関わる仕事をしていける。

◆アラフィフであっても、好きな事で仕事が出来ている。

◆時給が、一般事務職よりも高い。

◆時短も、フルタイムでも、働き方を選べる。

◆将来は、在宅も視野に入れることができる。

現在は、
◆CADという切り口で、インテリアに関わる仕事をしていける。
が、私の中で1番よかったな、と思っています。

また、
副業で他にもやりたい事がある私には
時間が選べるのも有難い。

人によっては、在宅がいいな、と思うかもしれませんね。
これも大きいメリットですよね。

7.注意点とデメリットは?

※ここは、何度も言わせてください。↓

ただし、常に自分の技術や知識を高めていく努力は必要!
その業界を知る為の努力は大切!

次に
あまりないですが、
デメリットも追記しておきますね。

・学習の為の時間と費用は少し必要
→すこしは時間とお金の投資が必要。でも、安く学ぶ方法もある。

・ずっとPC画面を見ているので、目が疲れる
→デスクワークあるある。

・その会社にCADオペが自分しかいないこともある。
→黙々作業が好きならメリットに。わからない事はグーグル&ブログ先生に聞ける!

このくらいでしょうか?
メリットばかりの仕事ってないですよね。

8.今後CADオペレーターの将来性は?

CADオペレーターの将来性も気になりますよね?

近年よく聞く
〈AIにとって代わられる仕事〉に
CADオペレーターは入っていますが、
私はなくならないと思います。

だって、

CADの技術は、ものづくりの業界で不可欠なものだから。

設備や家具のレイアウトは、人の好みが入ります。

物のデザインも、最後は手作業で細かい修正が必要です。

そういった物を
全てAIで完結するのは、とても難しいと思うからです。

ここで一歩踏み出すかどうかで、
1年後、5年後が変わってくると思います!

9.まとめ

長くなったので、
箇条書きでまとめました。

【以前までの私】

お金がない⇒働きたくても書類選考で落とされ、メンタルやられる・・・
やりたい事⇒とんでもない、やってる場合じゃない、と思っていた。
思うようにいかない現実に⇒子供のことは、見てるようで見てなかったダメな親。

こんな私が、
本当に変われたと思います。

【今の私】

安定的収入⇒CADオペレーターで稼ぐ(週3日)
トライしたい副業⇒CADオペの仕事がお休みに全神経集中!
メンタル的に安定している私⇒子供のこともきちんと見れるように。(なったと思いたい)
色んな前向きな知り合いが増えた!

自信を持ちたいあなた、

忙しいママ世代でも、今から変われますよ!

よかったらシェアしてね!
ねここ
CADオペしてるワーママ。副業も始めました。
小学生2人の母です。CADオペしてます。これまでいろんな事に失敗し学ぶ中で、仕事+暮らし+お金を自分に最適化したいと本気で思うようになりました。迷いながらも、後悔のない人生を目指すブログです。また近年興味を持った分野で副業を始めました。ちょっとずつ話に触れていくので、皆さんのヒントになれば嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる