【インテリアコーディネーター的おすすめ雑貨】歯の裏をきれいに磨くには?大人も子供にも。

こんにちは、髪の毛は最近ショートばかりのねここです。

突然ですが、
あなたは、自宅で使うモノや雑貨は、
どんな基準で選びますか?

『機能的』
『使いやすい』

これは物を買う上で、
絶対条件ですね。

そしてプラス、
『見た目が良い』
だと、もっと嬉しいですよね。
私は、そうです。

見た目がおしゃれだと、
テンション上がるから(笑)
毎日の暮らしで使うものだからこそ、
見た目にはこだわりたいです。

そこで、

私が実際に使って

「ほんとにいいなー」と思う物の口コミや
気になっている雑貨を購入してレビューする

シリーズをやっていこうと思います!
少しでもお役に立てたら嬉しいです(*^^)

 

今日は、

歯みがきの時に使ってほしい、

デンタルミラーです。

しょっぱなからマニアックですが…。

ねここ
歯医者さんでよく見る、あの丸い鏡です。

みける
あれって、歯医者さんしか使うモノじゃないの?

実用的だし、コンパクトで効果が高い、
優れものアイテムです。

ですが、使っている方があまりにも少ないんですよね。
もったいないなーと。

知り合いにすすめても、
『あれって歯医者で使うものだよね?』
ってだいたい、言われます。

なので、全力でおすすめさせていただきます!

目次

デンタルミラーって見た目は?

先ほども述べましたが、
これです。

地味なアイテムですが、
素敵なフォルムです。

うちは、ステンレス製を使っているので、
ピカピカでとてもきれいです。

よく洗って、家族で使っています。

ここが便利。デンタルミラー

以前の記事に、歯の大切さを書きました。

あわせて読みたい
【健康】姿勢と歯は一生モノ。今からでも出来るポイントはこれ! こんにちは、 お花のサブスクにはまっているねここです。 私は、アラフィフ。 本当に健康には気をつけなければいけない世代に、 突入しています。 もっと若い時から、 ...

歯ってとても大切です。
食べたり、人と話すのにも、
歯がないときちんと発音できないですよね。

そんな歯ですが、
歯の裏がとんでもなく磨きにくいんでよね。
見えないから仕方ないんですが…。

そこの磨きやケアを怠ると
気付かないうちに、
汚れがたまって口臭の原因や、
虫歯や歯周病になってしまいますよね。

そこで、デンタルミラーなんです。
歯医者さんでなくても、是非自宅で使ってください!

自分の歯の裏を磨く時は、
洗面台の鏡と併用することで、
歯の裏がとっても良く見えます。
かなり汚れてますよ・・・(恐)

お子さんの仕上げ磨き時にも、便利です。
子供の仕上げ磨きって、
やってあげてるこちらも、
結構歯の裏が見にくくないですか?

私は、すっごく見にくかったんです。

でも、このデンタルミラーを使うと、
一目瞭然で汚れが見えます(驚)

更に、
一生懸命磨いてあげてるよ~って気持ちが
子供に伝わるらしく、

本人たちも一生懸命に歯の裏をていねいに、
磨くようになりました。(*^^)v

ところで、
仕上げ磨きって、何歳までしてあげるのが正解なんでしょうか…。

歯医者さんでは、

小学校中学年までは、
仕上げ磨きしてあげてください!!

って言われてます。
結構長いですよね。
我が家の娘は矯正しているから、
なおさらなのかしれません。

歯は、一生モノのたいせつなもの

日本予防医学協会が調べたところによると、

歯科医師が考える歯の価値は、

1本104万円。
お口全体で、2913万円。

皮膚、骨、爪などは、傷がついても再生しますが、
歯は、基本、再生はありません。
ほっといた虫歯が治ったってことはないですよね。
たがら益々貴重なんです。

そして、

からだの他の部位と比べても、
酷使しているのが歯です。

人に良く見られているのも、
歯です。

そんな、歯だから、
毎日のケアの為に、
できることはしてあげたい。

まとめ

毎日のケアが必須な歯の為に、
デンタルミラーをおすすめしました(*’▽’)

おそらく、
歯を磨かないって人はいないと思います。
毎日の歯ブラシ習慣にちょっとプラスして、
デンタルミラーでチェックする習慣をつけましょう!
本当に良く見えて便利ですよ(*^-^*)


※最後にもう一枚☆洗面台でも、リビングでも使ってます!

よかったらシェアしてね!
ねここ
CADオペしてるワーママ。副業も始めました。
小学生2人の母です。CADオペしてます。これまでいろんな事に失敗し学ぶ中で、仕事+暮らし+お金を自分に最適化したいと本気で思うようになりました。迷いながらも、後悔のない人生を目指すブログです。また近年興味を持った分野で副業を始めました。ちょっとずつ話に触れていくので、皆さんのヒントになれば嬉しいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる